まわりの人から尊敬されるようになるためには、まずまわりの人を尊重しなければいけないわ!

futta1367m.jpg
 
 
 
 
人に頼りにされる人ほど、自分のことよりもまずまわりの人のことを考えるのよexclamation×2


困っていないか・・・
一人ぼっちになっていないか・・・
いつも気を配ってくれるのひらめき


まわりの人から尊敬されるようになるためには、まずまわりの人を尊重しなければいけないわぴかぴか(新しい)


他人に対しては、自分がして欲しいと思うことをしましょうねるんるん


そうすれば、まわりの人から、信用・信頼・尊敬を寄せられることになるわよね揺れるハート


私が私がの「我」よりも、あなたのおかげの「げ」の毎日を送りましょうね晴れ

ブログランキングに参加しています。
今日のメッセージに共感してくださった方は
←ぜひ、左のボタンをクリックしてあげて下さい。
皆様からの投票でランキングが上がるととても嬉しいです。励みになります!

明日も頑張ります
この記事へのコメント
 お久しぶりです。ようやくこころさんのブログ2005年11月の記事まで遡り 記事を拝見させてもらいました。 我ながら思うは 集中力・理解力・作者の残したいであろう気持ちを察する能力が乏しく 全ての記事に目を通すのに日数を掛けてしまいました。

 こころさんの書かれているキラリと光る文面に触れた時 
 私自身の過去の言動と現在の在り方や思考を振り返り 自分の不甲斐なさと未熟さに恥じ入る場面が随所にありました。 その時感じたのは 「的を得ているだけに痛いとこ つかれましたわ」っていう心境です。…わが心に深く染みいり勉強になりました 素晴らしい発見をさせてもらいました。
Posted by ごん at 2008年04月28日 20:07
 こころさんが継続的に残している 言葉という名の知恵を無駄なく扱うには 私自身 手間を惜しんではならないと 感じました。 でないともったいない。。

 キチンと知恵を扱いように工夫した上で胸の中に収納し 必要に応じて引き出していきます。
 またその際 充分に活かしきるためには こころさんの文面を手本とした上で 私自身も言動と思考を通じて己とまたそこから織り成す環境と向き合うことから 逃げてはならないなと思っています。 
Posted by ごん at 2008年04月28日 20:30
我 あなたの文面に惚れる身なり

 ここにあるのは 美しく輝くものなれど ショーアップして奇麗に脚色したものではない だから いつのまにか本気で好きになったんだね。

 私は 憧れを通じて 志という名の背中を追いかけるだろう。

 これからも あなたの生きた言葉を楽しみにしています。

 いつも よきものに触れさせてもらって ありがとうございます。  あなたの言葉をお借りします →「明日も頑張ってください」  
Posted by ごん at 2008年04月28日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14433841

この記事へのトラックバック